▼ MENU

左側の肩こりの原因

左肩の四十肩・五十肩を経験している

肩こりと上肢には深い関係があり、四十肩や五十肩を経験していると肩の可動域が正常と比べて狭くなっていることがあります。


日常生活で大きな動きをしなければ気が付きませんが、関節の可動域制限は周囲の筋肉を硬くしてしまうので肩こりの原因になります。


左側であれば同じ側の四十肩・五十肩の経験があるかどうか、左右で比べた時の可動域に大きな差がないかを確認してみてください。


もし、左側に肩コリを強く感じていて左肩の関節に可動域の制限を感じる場合は、左肩の動きをよくする施術やセルフケアをすると左側の肩こりも楽になるでしょう。

左肩、左肘、左手首の関節の問題

肩こりと上肢には深い関係があり、肩から離れた肘関節や手首にも肩こりの原因が存在します。


関節が硬くなって可動範囲が狭くなっていると上肢全体の動きが悪くなって関節や筋肉に通常以上のストレスが加わるようになり、関節を痛めるだけでなく周囲の筋肉を過度に疲労させる原因にもなります。


左側の肩こりなら左上肢の肩関節、肘関節、手関節の動きを見てください。


どこかの関節の動きが小さくなっていたり、左右で比べて差がある場合は動く範囲を広げるような施術やセルフケアを行うと左側の肩こりも楽になるでしょう。

 

内臓からくる左側の肩こり

身体は筋膜や神経や血管で全身的なつながりを持っています。


内臓の疲労やゆがみが影響して肩こりになっている場合があり、その時は関節の動きをよくしただけでは肩こりは楽になりません。


左側の肩こりが辛い場合は、同じ左側にある胃や心臓が大きな影響を与えていることが多く、の上腹部が硬い場合や、左の肩が下がって見える場合は胃や心臓、脾臓の疲労を疑います。


心臓や胃は自律神経の乱れの影響を受けやすい臓器で、急にドキドキ動悸がしたり、胃のあたりが苦しくなったり、汗をかいたりしますが身体は冷えていることが多いです。


身体を温め、リラックスを心がけて深呼吸をすることや、胃の疲れをとる施術や自律神経のバランスを整える施術を受けるのも方法です。

 松戸市の整体 かとう治療室で施術を受けた方の声

流山市 40代 男性

いつも左側が痛くなります。
それも不思議に思っていましたが、身体は全体のバランスが大切という事がよくわかりました。

辛い所には実際にほとんど原因がないようです。
辛いところをあまり触らないのに身体が楽になります。

マッサージで強く押してもらっていた時、終わった後の爽快感が好きでした。

ここではそういったものはないので、初めは物足りない感じがしたのですが徐々に身体が変わっていくのを感じて、今までのは治療じゃなかったんだと思えます。

お知らせ・休診情報

 完全予約制です。

ご来院の際は必ず事前に

メールか電話にて

ご予約ください。


5月の休診日

7・15・16・21・29


6月の休診日

4・12・16~18・25

鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」

当院は漢方カウンセラーと提携しています

来院されている地域

・千葉県

松戸市・柏市・流山市・船橋市・市川市・浦安市・八千代市・我孫子市・野田市

・東京都

葛飾区・荒川区・台東区・江東区・墨田区

・茨城県

取手市・守谷市・つくば市・竜ヶ崎市・常総市・稲敷郡

・埼玉県

さいたま市・三郷市・吉川市・春日部市・越谷市・草加市


その他

愛知県・大阪府など