▼ MENU

生活習慣による肩こり頭痛の原因

スマホやパソコンの使いすぎによる肩こり・頭痛

今や持っていない人のほうが少ないとされるスマホ。つい時間がある限りスマホを使っている方は、それだけ下を向いている状態が長く続くので首肩周囲の筋肉にストレスが加わっています。


また、スマホやPCの光は交感神経を刺激し、寝る前に使うと脳が興奮してしまい睡眠の質が低下します。


単にスマホやPCだけでも、運動器にも自律神経にも影響を与えてしまうのです。


運動不足による肩こり・頭痛

間の身体は動くために設計されていますので、それに逆らった生活をすれば身体の調子が悪くなるのは必至です。


よい血液の循環には血圧だけでなく筋肉の収縮によるポンプ作用があるからです。


デスクワーク・車の運転・立ちっぱなしで大して動かない……運動をしなければ筋肉の収縮が起こらないので血行不良や代謝の低下を招き、老廃物も蓄積します。

 

間食が多いことによる肩こり・頭痛

間食に選ばれる食べ物には手軽なものが多く、ほとんどが糖質でできています。

チョコレート、クッキー、和菓子にケーキ……お菓子はほぼ糖質の塊です。


気を付けたいのが「甘くない糖質」で、角砂糖に換算するとごはんは1杯あたり30~40個分にもなります。


米が原材料のせんべいや軽食に使われるパン類では甘いもの以上に糖質過剰になりやすいです。

糖質は血糖値の乱高下を招くため、自律神経やホルモンバランスの混乱を起こしやすい物質です。


運動量が少ない現代に間食は不要ともいえますが、間食するなら工夫しましょう。

不規則な生活からくる肩こり・頭痛

シフト制や休日と普段の生活に大きなギャップを抱えている人は、自律神経が安定して働きにくくなっています。


基本的に人間は寝だめ・食いだめはできません。

寝ている間や日中に分泌されるホルモンにも役割があり、リズムが乱れるとホルモンも乱れます。

休日だからと言ってだらだらと寝ていたり、夜更かしはおすすめしません。


生活習慣が原因の肩こり・頭痛の対処法

肩こり頭痛の原因のうち、生活習慣の部分は「自己責任」であるため、自分で肩こりや頭痛になる生活習慣をしてきたことが問題になります。


これだけだと辛いかもしれませんが、とらえ方を変えれば自分次第で簡単に治せるという事です。


一駅歩く、間食をやめる、仕事中でもできる「ながら体操」をする。

工夫しようと思えばアイデアはどんどん見つかります。

 

参考になるのは昔の生活です。

規則正しい生活、おやつは煮干しや木の実、なるべく自然な形の食べ物を食べる。


移動手段も少なかったのでよく動いていました。

 

人間は甘やかすと際限なく甘え、だらしなくなります。

大人の健康は自己責任。子供の健康は親が守る責任がある。

時々生活習慣を見直して飴と鞭で適度なバランスを心がけましょう。


お知らせ・休診情報

 完全予約制です。

ご来院の際は必ず事前に

メールか電話にて

ご予約ください。


5月の休診日

7・15・16・21・29


6月の休診日

4・12・16~18・25

鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」

当院は漢方カウンセラーと提携しています

来院されている地域

・千葉県

松戸市・柏市・流山市・船橋市・市川市・浦安市・八千代市・我孫子市・野田市

・東京都

葛飾区・荒川区・台東区・江東区・墨田区

・茨城県

取手市・守谷市・つくば市・竜ヶ崎市・常総市・稲敷郡

・埼玉県

さいたま市・三郷市・吉川市・春日部市・越谷市・草加市


その他

愛知県・大阪府など