▼ MENU

更年期障害と肩こり

肩こりは更年期障害の症状の特徴

40代~50代にかけて更年期を迎えますが、女性ホルモンの分泌量が減ることで全身のホルモンバランスや自律神経も不安定になるため、カラダと精神に様々な不調をもたらします。


その中でも肩こりに悩まされる人は非常に多く、原因がホルモンバランスにあるため筋肉や骨格の治療ではよくなりません。

 

肩こり以外にみられる更年期症状

身体の緊張や血流、心拍、呼吸、血圧など大切な機能をコントロールしている自律神経が、女性ホルモンの分泌量の変化に影響され、乱れてしまうことで症状が現れます。

人によって出る症状や程度は異なります。

 

更年期に起こりやすい身体症状

ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ・汗)
疲れやすい
頭痛・めまい
腹痛・腰痛
不眠
動悸・息切れ

更年期に起こりやすい精神症状

イライラ
不安。うつ状態

情緒不安定


更年期症状が辛い時は鍼灸や整体、薬なら漢方を利用する

辛いままで過ごすと体調そのものがストレスになってしまうので、うまく治療を取り入れることで気分よく更年期を乗り切れます。


時には薬を使うのも手段ですが、対症療法薬(痛み止めや睡眠薬、安定剤といった症状別の薬)よりは更年期症状の根本原因であるホルモンや自律神経に作用するホルモン剤が適しています。


西洋薬よりは漢方のほうが健康的な負担は少ないですが、漢方も薬に変わりはないので、むやみに飲むことはおすすめしません。


更年期症状に適した漢方薬とは?

病院で保険で処方される漢方薬と自由診療の漢方の違いは、吸収効率と質、処方の制限です。


保険診療では診断名によって処方できる漢方が限られること、製薬技術が昔から変わっておらず吸収効率が悪いこと、自由診療の漢方は経済的に負担が大きくなることが挙げられますので、メリットデメリットを比較して続けやすい方法を選んでください。

 

更年期症状に整体や鍼灸治療を入れる

鍼灸や整体施術は自律神経調整作用があるので、薬が苦手な方や薬と併用したい方におすすめです。


更年期症状や自律神経の症状は、通院を頻繁にしたからといってすぐに効果が表れないものなので、焦ってはいけません。


反対に、頻繁の通院を勧めてくる治療院では、納得できる説明を受けてから従うようにしましょう。


お知らせ・休診情報

 完全予約制です。

ご来院の際は必ず事前に

メールか電話にて

ご予約ください。


6月の休診日

4.12.16~18.25


7月の休診日

3.9.17.18.23.31

鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」

当院は漢方カウンセラーと提携しています

来院されている地域

・千葉県

松戸市・柏市・流山市・船橋市・市川市・浦安市・八千代市・我孫子市・野田市

・東京都

葛飾区・荒川区・台東区・江東区・墨田区・足立区

・茨城県

取手市・守谷市・つくば市・竜ヶ崎市・常総市・稲敷郡

・埼玉県

さいたま市・三郷市・吉川市・春日部市・越谷市・草加市


その他

愛知県・大阪府など