▼ MENU

女性の生理と片頭痛

片頭痛の原因

片頭痛は拍動性の痛みと前兆が特徴で、自律神経やホルモンと関係したメカニズムがあります。


痛みの元は血管が拡張したときの周囲にある神経の刺激とされ、血管を拡張するのは自律神経とホルモンの作用です。


ホルモンの種類ではセロトニンを重要視しており、生理前に片頭痛が酷くなりやすいのは、セロトニンが女性ホルモンの分泌に影響されるためです。

 

生理前の片頭痛は女性ホルモンとセロトニンが原因

エストロゲンとセロトニンの関係

脳内のセロトニンは血管の収縮や自律神経のバランスを保つ作用があります。セロトニンが減少すると血管が広がって周囲の神経を刺激してしまうので片頭痛が起こります。


エストロゲンはセロトニンの分泌を促進させる作用があり、エストロゲン分泌は排卵日の直前にピークを迎えます。


ピークから分泌が減少する月経までの間に、セロトニンも減少するので酷い片頭痛が起きやすいのです。

 

妊娠中に片頭痛が軽くなる理由

妊娠中はホルモン分泌の波がなく安定するため、セロトニンが女性ホルモンの影響を受けにくくなるため片頭痛が軽くなります。


もちろん、他の片頭痛の原因があると妊娠中に関わらず頭痛は起こります。


他の原因とは、自律神経の乱れや食習慣や生活習慣からくるものです。

 

生理前に頭痛が酷い時の対処法

脚のマッサージで血行促進

半身と下半身の血流や温度(=エネルギー循環)に差があると全体のバランスが悪くなって頭痛が起こりやすいです。


バランスをとるために脚の血流を促進し、頭に上っている血液を下ろすイメージでマッサージやストレッチ、足湯でもOKです。


頭痛薬に頼るなら、前兆期に飲む

薬は症状を抑えますが副作用もあり厳密にいえば有害物。

できるだけ薬に頼るのは避けたいですが、どうしてもという時も片頭痛の場合は服薬のタイミングが重要です。


本格的に片頭痛が起こってからでは症状を抑えることができないので、薬の効果を発揮するためには前兆期に飲んでおくのがポイントです。

 

生理前の片頭痛を根本改善するには

血糖値の乱高下を予防する

ホルモンも自律神経も健康に働くには血糖値の安定が重要です。


血糖値が乱高下するような飲食生活(糖分入りの飲み物、お菓子、炭水化物)は、その都度全身のホルモンが活動するため身体の混乱した状態が続き、結果としてホルモンバランスや自律神経の安定が失われます。


片頭痛のために糖質を完全に排除する必要はありませんが、ジュースや缶コーヒーをやめて水にするなど、血糖値を急激に上げないような生活を心がけましょう。

 

冷え性を改善する

冷えは万病も元。身体が冷える原因は代謝活動の低下と水分過多です


東洋医学では水毒といい、水分を追い出すための症状が下痢や嘔吐、鼻水や湿疹、手足の汗として現れます。片頭痛で吐き気を催すのは水毒による症状です。


今は1日1~2リットルの水分摂取を推奨していますが、「排泄力」が低下している現代人にとっては、はっきり言って摂りすぎです。


むしろ代謝活動を促進する塩分・ミネラル摂取を心がけて排泄力が上がったら、水分摂取をする方がいいでしょう。

 

胃腸の調子を整える

特に腸の状態は脳のセロトニンに影響を与えます。

また、消化吸収活動と活発な蠕動運動は、排泄力を上げるための重要な仕組みです。


暴飲暴食を避け、食べてすぐ寝ないというのはすぐに気を付けられます。


どうしても帰宅と食事が遅くなってしまうなら、夕食か朝食どちらかの断食をおすすめします。

胃腸が空っぽの時間を作って休ませる目的があります。


なんとなく日本人は1日3食、主食・おかず・汁物というパターンにとらわれますが、これは平均的な日本人の食習慣から設定されたもので、この食習慣が健康を保障する医学的な根拠は全くありません。


ですから主食という概念も不要ですし、1日2食でも全く問題はありません。


お知らせ・休診情報

 完全予約制です。

ご来院の際は必ず事前に

メールか電話にて

ご予約ください。

 

7月の休診日

3.9.17.18.23.31

鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」

当院は漢方カウンセラーと提携しています

来院されている地域

・千葉県

松戸市・柏市・流山市・船橋市・市川市・浦安市・八千代市・我孫子市・野田市

・東京都

葛飾区・荒川区・台東区・江東区・墨田区・足立区

・茨城県

取手市・守谷市・つくば市・竜ヶ崎市・常総市・稲敷郡

・埼玉県

さいたま市・三郷市・吉川市・春日部市・越谷市・草加市


その他

愛知県・大阪府など